QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
seagreen

2015年04月26日

鯉のぼりの苦い思い出

近所を歩いていたら、ベランダに小さな鯉のぼりが飾られていたのを見た。
まだ4月で、しかも今年は子供の入学でバタバタしていたのですっかり忘れていたけど、5月になったらすぐにゴールデンウイークが来て、こどもの日が訪れるんだよね。
こどもの日といえば鯉のぼり。私が見たのはベランダの鯉のぼりだけだったけど、きっと近所でも大きな鯉のぼりが飾られるようになるに違いない。
かくいうわが家でも、数年前、長男が生まれた時は実家からかなり立派な鯉のぼりをプレゼントしてもらった。
早速その年は庭に飾って楽しんでいたのだけど、翌年に同じように飾ったら、春一番の強風が吹き荒れ、支柱がぐらんぐらんと揺れている(汗)
お隣さんとの距離はそれほどないので、もし支柱が倒れたりなんかしたら、お隣さんに迷惑がかかってしまう・・・!と思い、あわてて外に出て支柱を取り外そうと思ったのだけど、夫が力任せに入れたせいか、なかなか抜けない。
まあそれだけの強度があれば、倒れることもなかったんだろうけど、上半分のポールがものすごくしなっていて、倒れなくても隣の屋根に激突しそうな勢いだったので、必死にふんばっておさえていた。
そうしたら当のお隣さんが見かねてヘルプに来てくれて、おまけに支柱に支えを作ろうと、木の太い棒まで持ってきてくれてつっかい棒にしてくれた・・・。
おかげで何とか持ち直したけど、結局お隣さんに迷惑をかけたことに変わりなし(汗)
あとで菓子折を持ってお礼と謝罪にあがったのだけど、とてもいい人で「そんなのいいのよ~」と言ってくださった。
ちなみに例の鯉のぼりは帰ってきた夫に早々に取り外してもらったのは言うまでもない(笑)  


Posted by seagreen at 14:38

2015年04月20日

今後増えていきそうな風習

海外では割とポピュラーな入れ墨。向こうではタトゥーと言うそうで、日本でも最近は入れ墨という呼び方よりタトゥーという呼び方の方が一般的になってきている。
入れ墨と言うと、その筋の方々が入れるもの・・・というイメージが定着しているけど、タトゥーと言うと、同じ意味のはずなのになぜかファッション性が強いもののように思われて、あまり抵抗がなくなるのはなぜなんだろう?
もしかしたら貼ってはがせる「タトゥーシール」みたいなものも販売されていて、気軽に使えるというイメージがあるからかもしれない。
でもタトゥーなんて呼び方を変えても、入れ墨は入れ墨。
日本では入れ墨を入れていると、たとえば公衆浴場に入れなかったり、プールへの入水が禁止されるなど、さまざまな制限に引っかかることになる。
なので、つい出来心でタトゥーを入れてしまった人の中には、「温泉に行けない」「子供と一緒にプールに入れない」と後悔している人も少なくないんだとか。
タトゥーシールの場合は簡単にはがせるけど、本当に入れ墨を入れてしまうと、除去するのにレーザー手術などをしなければいけないみたいで、相応のお金はかかるし、肌にもダメージが残るし、何より痛いし、ということで躊躇してしまう人も多いんだって。
なのでワンポイントタトゥーの人は、大きな絆創膏みたいなものを貼って温泉やプールに入ったりするようなんだけど、本当は絆創膏を貼っていてもNGなので、きっと暗黙の了解というか、見て見ぬ振りをしているというか、そういうことなんだろうなあ。
ちなみに長野の軽井沢にあるリゾートホテルでは、専用シールで隠せば大浴場への入浴もOKという通達を出したんだって。
外国人客が目立ってきたからというのが理由らしいけど・・・たぶんこれからはこういう施設が増えていくんだろうなあ。  


Posted by seagreen at 08:12