QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
seagreen

2015年05月28日

1年遅れたって

「中退」「不登校」と言うのは負のイメージが強くて、「人生のつまずきポイント」だと思っている人もいる。
確かに、学歴が重視される日本では、中退したり、不登校で留年したりすると、それだけで経歴に傷がついてしまって、就職活動で不利になってしまったりすることが多い。
だから中退や不登校の人はその後の人生も投げやりになってしまいがちだと聞いたことがあるんだけど、そんな人たちに希望を持ってもらいたいという気持ちを込めて「ヒラケゴマプロジェクト」という動画サイトが2014年9月に立ち上がったらしい。
サイトでは実際に中退・不登校した7人の経験が掲載されていて、たとえ中退・不登校になったとしても、楽しんで生きている人はたくさんいると訴えかけているんだって。
私は30数年生きてきて、今でこそ「長い人生の中で1年や2年くらい遅れたって人生は取り戻せる」というのがわかってきたけど、学生の頃はそれこそ1年でも遅れたらもう他の人と同じ道を歩くことはできないという危機感があった。
私は不登校や中退の経験はないけれど、中学の時に軽く孤立してしまったことがあり、学校に行くのが憂うつで、何度も休んでしまいたいと思ったことがあった。
まあ実際には親に心配をかけたくなかったし、理由もなしに休ませてもらえるとも思えなかったので、イヤイヤながら通ったのだけど、それとは別に、一度休んでしまうとずるずる休みがちになってしまって、学校に戻れなくなるんじゃないかという不安感があったのも事実。
そうすると将来すべてがなくなってしまうような気がして、それが怖くて学校に通っていたというのがある。
でも当時、こういう中退・不登校の経験者の体験談のようなものを見る機会があったら、考えも変わっていたかもなあ。  


Posted by seagreen at 08:39

2015年05月22日

そこまで気になる?

月曜の夜は子供たちと一緒に「ネプリーグ」を見るのが習慣になっているのだけど、後半のクイズの中で、全体を占める割合を当てるクイズがあった。
その中で「これまで痴漢にあったことがある女性は何%?」という質問があったんだけど、答えはなんと58%。
実に半数以上の人が痴漢にあったことがあると回答したわけだけど、回答者のモデルさんはその事実にショックを受けたようで、「女性としては怒りを感じる」とコメントしていた。
私はそのとき家事をしていたので、58%だったという答えは見たけど、その後のやりとりは見ていなかったし、58%という数字についても「やっぱりそのくらいいるんだ~」と思っただけだった。
私は電車通学や電車通勤をしたことはないんだけど、普通に歩いていて、自転車に乗っていた人が後ろから通り過ぎざまに胸を触ってきたということがあり、一応痴漢にあった経験がある。
まわりには誰もいなかったので、たとえ大声を上げても仕方なかったんだけど、何よりそのときは自分の身に何が起こったのかまったくわからず、声をあげることもできずに呆然とするだけだった。
その後からやっと怒りと恐怖がわき起こってきたんだけど、あの不快感は実際にやられた人じゃないとわからないと思う。
そんな記憶がふとよみがえった問題ではあったと思うんだけど、ネット上ではさらに過剰に反応した人がいたようで、「痴漢被害をバラエティのクイズにするなんてありえない」という意見が結構多かった模様。
言われてみれば、確かにそうかもなあとは思ったけど、一方で過剰反応という感じもした。
むしろ、バラエティ番組とは言え痴漢被害の多さを大多数の人に知ってもらったことで、電車の中とかで気をつけて見てくれる人も多くなるんじゃないかなあと・・・。それこそ希望的観測かなあ。  


Posted by seagreen at 08:41

2015年05月16日

予想外の荒天

今週初めに日本に接近してきた台風6号。沖縄あたりでは結構な雨風だったみたいだけど、私が住んでいる地域ではほとんど被害がなく、雨も風もまったくたいしたことがなかったので、「台風来てたの?」という感じ。
いつもなら台風が来ている時は一応風がうなりをあげたり、横殴りの雨が降ったりするんだけど、夜寝て、朝起きたら道路が濡れていて、ああ雨が降ったんだな・・・程度の天候だったらしい。
降雨量もさほどじゃなかったようで、肩すかしのような感じだったんだけど、むしろノーマークだった昨夜から今朝にかけての天候の方が荒れ模様だった。
昨夜から雨が降るというのは天気予報で知っていたのだけど、まさか雷が鳴るほど荒れるとは思っておらず・・・。
まあくわしい天気予報を見たわけじゃなくて、ネットで天気のマークを確認しただけだったからなんだけど、今朝起きてもかなり強い雨が降ったりやんだりしていて、今回の方がよっぽど台風っぽいなあなんて思ったり。
もちろん今回のは台風ではないんだけど、来週初めあたりに台風7号が接近してくる予報だそうで、ちょっと不安。
というのも、上の子の学校で行われる合宿イベントがあり、それは屋外でのレクリエーションがメインなんだよね。
何とか来週頭の荒天は避けてほしいところなんだけど、台風って気まぐれな動きをするからその日が来るまで油断できないというか・・・。
ちなみに上の子は小学校の修学旅行も天候に恵まれなかったので、今回くらいは晴天の中、楽しんできてほしいんだけどなあ。  


Posted by seagreen at 08:13

2015年05月11日

今だからこそ熱中症に注意

ここ最近晴れの日が続いていて、日差しがある日中は気温もかなり高い日が多くなってきた。
そのせいか、早くも熱中症になる人が出てきたようで、病院に搬送されるケースもちらほら出てきているんだとか。
沖縄はそろそろ梅雨入りだというし、桜の季節が終わって、GWも明けたと思ったらすぐに夏なんだなあ・・・と季節の移り変わりの早さを実感した。
でも5月って世間一般の認識では「春」または「初夏」だから、本格的な夏に比べて熱中症対策をしている人ってすごく少ないんだよね。
だからこそ、今熱中症になってしまう人が増えてきているんだと思うけど、昔はともかく、最近は異常気象で気温が上がり始める時期もだんだん前倒しになってきているようだから、4月や5月になったらこまめに水分や塩分を補給して、熱中症対策を取り始めた方がいいのかも。
実際、「喉が渇いた」と思ってから水分を摂る・・・という方法じゃ対策としては遅すぎるって言うもんね。
実際にはのどの乾きを感じる前に、意識的に水分を補給するのが理想的らしいのだけど、でも喉が渇いていないのに水を飲むっていうのは本当に意識していないとなかなかできないから割とむずかしい。
私も熱中症対策ではないけど、普段から水分補給は心がけていて、パソコンデスクにもいつも水を常備するようにはしているんだけど、目の前にあるのにあまり手をつけない・・・ということも結構あるもんなあ。
人って喉の渇きを感じないと「何か飲む」という発想そのものが湧いてこないから厄介だよね。  


Posted by seagreen at 08:29

2015年05月01日

リスをペットにする人が少ない理由

自分のペットのかわいらしい仕草や驚きの行動を写真や動画でネットに公開する人が増えているけど、つい最近、ロールキャベツの真似をするリスの画像がアップされて話題を呼んでいるらしい。
画像を見てみたら、一枚のキャベツをまるでマントのように自分の体に巻き付けているリスの姿が!
なるほど、本当にこれはロールキャベツの真似だわ~と感心しながら、またそのリスの顔が恍惚とした感じで(笑)癒しと笑いを感じた。
それにしてもリスを自宅で飼っている人って案外めずらしいのでは?と思う。
ペットショップに行ってもリスってあんまり見掛けないし、今回の画像もあらかじめ「リス」と知っていなければハムスターに思えたかも・・・。
リスって小さくてかわいいからペットにしたいという人も多いと思うけど、実際に飼っている人が少ないのは何でかなあと思って調べてみたら、いくつか理由があるらしい。
まずリスはハムスターのようにケージだけで飼えないってこと。
もともと野生のリスをケージの中だけで飼おうとすると、運動量が足りなくなってストレスがたまり、寿命が短くなってしまうおそれがあるんだって。
さらに、リスは決まった場所に排泄するという習慣がないので、あっちこっちに排泄物が・・・ということになりかねないんだとか(汗)
ケージで飼っているぶんには問題ないだろうけど、そうもできないリスを部屋に野放しにしていたら大変なことになるってわけね。
さらに、リスは暑さに弱く、寒すぎると冬眠するという性質を持っているから、温度管理と湿度管理は必須なんだとか。
他にもいろいろ理由はあるみたいだけど、これだけでも「ああ、リス飼うのって大変・・・」と納得。だからリスを飼う人って少ないんだなあと思った。  


Posted by seagreen at 12:28