QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
seagreen

2015年10月28日

一度信用を損ねたら終わり

「うまい日本酒の選び方」という本を書いた葉石かおりさんという方が、とある出版社の著作権に対する倫理観を疑う・・・という怒りのツイートを発表したらしい。
葉石さんは今年の3月、エイ出版社から「うまい日本酒の選び方」という本を出版。
お酒造りの現場やお酒の基本的な種類、上手な選び方、お酒に合う料理など、お酒に関するあれこれを紹介する内容になっているのだけど、なんとこのホントほぼ同じ内容である「日本酒入門」という本が同出版社から刊行され、コンビニの書棚に並ぶことになったのだそう。
タイトルこそ違うものの、内容がほぼ同じということは完全なるパクリ。
そこで著者である葉石さんは契約と異なる上、著作権侵害にもあたるとして出版社に回収を求めたのだけど、「期間限定販売だから」と取り合ってもらえなかったのだそう。
一般的に、著作者には著作物の内容や題号を自分の意に反して改変されることがないよう、「同一性保持権」が与えられているので、今回の件はこの同一性保持権を無視する違反行為に該当すると思うんだけど、出版社側の「期間限定販売だから」という理由はまったくもって意味不明(汗)
さすがにおさまらなかった葉石さんは事のてんまつをTwitterとブログで公開した・・・というわけなのだけど、それが功を奏したのか、「日本酒入門」の回収が決定したらしい。
一応現在も葉石さんとエイ出版社間で話し合いが行われているみたいだけど、一度信頼を裏切るようなことをしたんだから、回収してはい終わり~ってことにはならないだろうな(汗)  


Posted by seagreen at 11:09

2015年10月21日

安全と思われがちだけど

「酸化マグネシウム製剤」を飲んで死亡するというケースが2012年4月以降、4件がったことが報告されたらしい。
酸化マグネシウム製剤なんて言われるとあまりなじみがないけれど、ミネラルの一種であるマグネシウムの酸化物で、いわゆる下剤の一種。
昭和25年から便秘薬として用いられている実績のある医薬品で、病院で処方される便秘薬はもちろん、市販の便秘薬にも配合されていることから、年間使用者数は約4500万人にも及ぶらしい。
酸化マグネシウムには水分を保持するはたらきがあるそうで、腸内の水分をキープすることで、腸内の便が軟らかくなり、スムーズな排便が促されるのだそう。
ただ、酸化マグネシウムを大量に摂取すると高マグネシウム血症という副作用が起こりやすく、呼吸障害や意識障害、不整脈、心停止などを引き起こすおそれがあるんだとか。
実際、今回報告された4件も高マグネシウム血症による血圧低下などが原因なんだそう。
大量摂取もそうだけど、長く使うと血中のマグネシウム濃度が高くなるそうで、何だか「ある日突然・・・」なんてことになりそうで恐いよね(汗)
私はランニングを始めてから便秘とは無縁になったし、そもそも便秘薬を使うことに抵抗があったのでこれまで使用したことは1回くらいしかないんだけど、やっぱりこういうのって常用しちゃいけないんだなあ。
まあもともと便秘薬は常用していると効かなくなるっていうし・・・。
もしかしたらそのせいで摂取量もどんどん多くなって、高マグネシウム血症のリスクも高くなっちゃうのかもね(汗)  


Posted by seagreen at 10:10

2015年10月14日

ネタバレの心理

私は小説やゲームを借りたり買ったりするとき、よくAmazonなどのレビューを参考にする。
本当は本屋さんにいって実際に本を手に取り、ぱらぱらっとめくってみて、自分に合いそうかどうか試してから購入する・・・のが一番いいんだろうけど、なかなかそんな時間を取ることができないので、隙間時間を使ってネットでレビューを見て、良さそうなのがあったら図書館で借りてくるとか、お店で買ってくるとかするようにしているわけ。
特にAmazonの場合、多くの人が「参考になった」と評価しているレビューはとても秀逸で、選ぶ時の参考になるから便利。
ただ、すべてのレビューに目を通していくと、うっかり「ネタバレ」にぶつかることもあるので、ちょっとビクビク(汗)
多くの人が「参考になった」と評しているレビューの場合、イコール「ネタバレしていない」ことでもあるので安心して見られるんだけど、そうじゃないレビューはいきなりネタバレしていることもあるから気が抜けないんだよね・・・。
なので最近は「参考になった」順に上から3つほど読むだけにとどめていたりする。
それにしてもネタバレする人の心理って一体どんなふうなんだろうと不思議に思う。
私は自分が絶対にネタバレされるのがいやなので、自分でも相手から望まれなければ絶対にネタバレすることはない。
というか、「気になるからネタバレして~」と言われても、正直ネタバレしたくないくらい(汗)
ちゃんと読んだ方が、あるいはプレイした方が面白いのに、もったいない・・・って思っちゃうんだよなあ。
でも世の中にはネタバレ歓迎という人も多いそうで、その人達いわく「ネタバレされた方が安心して楽しめるから」なんだって。
うーん、もともとどんでん返しものが好きなせいか、やっぱりネタバレが好きって気持ちはわからないなあ(汗)  


Posted by seagreen at 11:49

2015年10月06日

なつかしの合唱コンクール

秋と言えば芸術鑑賞・・・だからなのか、今月は中学生の長男の合唱コンクールと、小学生の長女の学芸会が開催される。
小学生の学芸会は何度か鑑賞しているけれど、子供の合唱コンクールは今回が初めて。
で、曲目を見てみたのだけど、私が中学の時の合唱コンクールで歌った曲目がいくつかあって、すごく懐かしい気分になった。
ちなみに今回長男が歌う「マイバラード」もそのひとつ。
楽譜を見せてもらったんだけど、その歌詞を見たとたん、頭の中でマイバラードが脳内再生されて、あれから20年以上経つというのにまだ覚えているんだなあと自分で自分にびっくりした(笑)
まあ曲目の中にはこれまで聞いたことのないような曲もいくつかあったので、ふと興味が湧いたので、合唱コンクールの定番曲を検索。
そうしたら思った以上にたくさんあって、そのうちほとんどはYoutubeなどに動画としてアップされていたので、ひととおり聴いて楽しんでしまった(笑)
ちなみに私の中で思い出深いのは、マイバラードの他に、カリブ夢の旅とか、あの素晴らしい愛をもう一度とか、トゥモローとか。
それと谷川俊太郎の「春に」も記憶に残る一曲。
これは結構難しい合唱曲で、かなり練習したから、それも印象的だったのかも。
あと、合唱コンクールとは関係ないけど、大地讃頌も出てきて、高校時代を思い出した。
高校の時は合唱コンクールはなかったんだけど、授業の一環で合唱をさせられることがあって、そのうちのひとつだったんだよなあ。
女子校だったからちょっと迫力にかけたけど、荘厳な歌で、今でも耳に残ってる。  


Posted by seagreen at 12:37