QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
seagreen

2015年11月28日

流行ってると逆にかぶりづらい

先日子供の学校の授業参観に行った時、割と多くのお母さんがニット帽をかぶっていた。
まあ最近は寒くなったのでニット帽もかぶりたくなるよなあ・・・・と思っていたんだけど、実はニット帽=冬の帽子という認識は古いらしく(汗)今は夏でもニット帽をかぶる人って言うのが結構多いのだそう。
ニット帽って毛糸を使っているから熱がこもって夏場はものすごく暑いと思うんだけど・・・。
どうやら帽子を目深にかぶらず、頭の上にちょこんと乗せるようにかぶるのが流行らしく、ここ数年ほどはニット帽ママが急増しているらしい。
私もニット帽は持っているんだけど、そこまで流行っていると言われると、逆に流行に乗っかっているみたいで、何となくかぶりにくくなってしまう・・・というのが本音(汗)
実際、ママが集まるとあるサイトでは、ニット帽の目撃情報のあまりの多さが一種のネタになっていて、「スキー合宿みたいだった」とか「帽子が邪魔で前がよく見えなかった」とか、ひそかに眉をひそめている人も多いみたい。
そう考えるとますますニット帽をかぶりにくくなるなあ・・・。
頭部って結構冷えるから、温かいニット帽をかぶると、それだけで体の冷えを防ぐことができるんだけど。
ちなみにあの「ちょこんかぶり」も、どうやって固定しているんだろう?とひそかに疑問。
ニット帽って高さがあるぶん、浅くかぶるとバランスが悪くて、すぐにぽろっと取れてしまう気がするんだけど、あれは何かコツがあるのかな?  


Posted by seagreen at 19:02

2015年11月21日

むしろバレた後が致命傷

広島市の旅館で、食中毒を出したにもかかわらず営業を続け、その結果新たな被害を出したという事件があったらしい。
この旅館では今月の9~10日に宿泊した横浜市の高校生が下痢などの症状を訴えたそうで、保健所が12日午前中に調理場を立ち入り検査。
この時点では旅館の食事が原因と断定することはできなかったものの、「疑いがある」ということで、飲食部門の営業自粛を要請した。
ところが「要請」なので強制力がないことから、自粛要請を無視してその後も営業を継続。
そうしたらその2日後の12~13日に宿泊した滋賀県の小学校63人と、神戸市の小学校38人、東大阪市の小学校24人に次々と食中毒症状が現れたのだそう。
ちなみに横浜市の高校生の食中毒の原因は飲食部門にあったということが断定されたのが13日の夜。
そこでようやく営業禁止命令が出たのだけど、時すでに遅し。発症者は214人に上り、中には入院した子もいるんだとか。
確かに要請には強制力がないけれど、それでも「疑いあり」だったんだから、同じ調理場で作ったものを提供するのはやめるべきだったよね。
被害にあった滋賀県の小学校の教頭先生が言うとおり、「せめて仕出し弁当を取るなど配慮してくれたら、子供たちも苦しまなくて済んだ」のにね・・・。
しかも食中毒の疑いがあるという情報は事前に知らされていなかったんだって。
そりゃあ事前にそんなこと知らされたら安全に配慮して宿泊を取りやめて、被害も未然に防げただろうなあ。
まあ旅館側としては、そんなことしたら貴重な団体客にキャンセルされてしまうという危機感があったから、わざと黙ってたんだろうけど・・・。
でも食中毒の疑いがあったのに営業して、新たな被害者を出したとなると、むしろそっちの方が致命傷だと思うんだけどな(汗)  


Posted by seagreen at 14:20

2015年11月16日

オンゲーを避ける理由

私は小学生の頃からのゲーム愛好者で、現在も昔ほど時間を取れなくなったけれど、細々とゲームを楽しんでいる。
なのでゲーム愛好歴は結構長い方だと思うんだけど、唯一、オンラインゲームにはあまり手を出さないというのが実状。
興味はあるのだけど、ネットで「ユーザー同士でトラブル多発」とかいう話を目にしたりすると、基本ビビリで実生活でも人見知りの激しい私はどうしても臆してしまい、怖くて手が出せないんだよね(汗)
しょせんは仮想現実での話。いくら誹謗中傷されても華麗にスルーできればいいんだろうけど、顔も素性も知らない人間が相手でも、やっぱりけなされればそれなりに傷つくわけで・・・。
なので、ゲーム内でチャットができたりするオンラインゲームはことごとく避けて現在に至る(汗)
特に最近一番怖いなーと思ったのは、とある有名なオンラインRPG。
もとはコンシューマーゲーム生まれのそのゲームシリーズは、美しいビジュアルと壮大な世界観が話題になっていて、プレイヤーもすごく多いのだけど、ボス戦の難易度が鬼畜だそうで、正しい順番かつ絶妙なタイミングで特定の行動を起こさなければ即全滅・・・・という闘いになるらしい(汗)
なので、あらかじめ戦い方をマスターするのが原則で、何も知らないプレイヤーはそれだけで罵倒の対象に。
当然、バトルでもわずか1回ミスっただけで罵詈雑言の嵐・・・。
そんな雰囲気に嫌気をさしてやめてしまったプレイヤーも多いらしく、私もその話を聞いてからは怖くてプレイしようという気すらなくなってしまった(汗)
もちろんオンゲーならではの楽しさ、魅力もあると思うんだけど・・・。
でもやっぱり怖くて手が出せないなあ(汗)チャット機能がないオンライン対戦なら、まあ何とかなるんだけどね。  


Posted by seagreen at 13:49

2015年11月10日

昔はずる休みする人も多かった

本日、プレステ4の新作ゲーム「Fallout4」が発売されるので、楽しみにしているゲームファンも多いと思う。
そんなゲームファンのために、Fallout4の開発を手がけたBethesdaのVP、Pete Hines氏が、自分のTwitterで「病欠届」を配布したことでちょっとした話題になっているらしい。
Hines氏はTwitterで「私は、今週あなたたちに来たる"病気の日"のため、医師の診断書が必要だと考えました」とツイートし、画像には自分のサインを記した一枚の画像をアップロード。
まあいかにも外人テイストなジョークなんだけど、つい先日、新作ゲームを買うためにずる休みしたことがあるか?という質問に対し、「ある」と回答したユーザーが半数近くいた現実を考えると、中には本当に使う猛者も出てくるかもしれない(笑)
でも私が小学生の頃は、新作ゲームを入手するために学校や会社をずる休みしてゲーム屋さんに並んだ・・・という人が結構いたりしたなあ。
特にドラクエみたいな人気シリーズだとソフトが争奪戦で、ソフトを買った帰りにカツアゲにあったなんて話もめずらしくなかったっけ(汗)
当時はカセットROMでそれほど大量に量産できなかったから、ゲームが売り切れて手に入らない・・・ってことが普通にあったんだよね。
まあ今は実店舗だけじゃなく、ネットでもゲームは買えるし、データだけダウンロード購入することもできるから、売り切れないように店の前に並ぶって人はいないだろうけど、でもやっぱりいち早くプレイしたい!って人は、ずる休みしてでもゲームを我先にと買いに行くのかも?  


Posted by seagreen at 10:40

2015年11月04日

実在してたのか・・・

私が子供の頃、「マインドシーカー」というファミコンゲームをプレイしたことがある。
正確に言うと友人から借りたものなのだけど、当時は紙製の箱に入れられたソフトが大半だったにもかかわらず、マインドシーカーはプラスチック製の豪勢なケースに入れられていて、それだけで何だか他のゲームとはひと味違うような気がしたのを覚えている。
で、実際にやってみると、ゲーム内容そのものも他のものとはいろいろズレていて(汗)
平たく言えば「超能力開発ソフト」で、伏せられたカードのマークを当てたり、ゲームに念を送ってライトに明かりをつけたり、物を動かしたり、スプーンを曲げたり・・・とかできたりする(汗)
もちろんこれをやったからと言って実際に超能力者になれるわけもないんだけど(笑)でも当時は小学生だったので割りと真剣にプレイしていたなあ・・・。
ちなみにそのゲームの中では、「エスパー清田」なる人物がたびたび現れて、超能力のレクチャーと称する長話を繰り出してくる。
しかもその内容がなかなかの電波で(笑)あまりにもぶっ飛んでいたためか、今でも弟とたまにエスパー清田の話題を出して盛り上がったりしている(笑)
そんな背景があったので、つい最近、ネットのニュースで「エスパー・清田少年、今は何を?」という見出しを見たとき、つい反応してしまい、内容を見てしまった。
そうしたら以前は超能力者をやっていたけど、今はイノリスト(祈人)をやっている・・・といういろいろズレた人のようで(汗)
まさかと思いつつ、ウィキペディアで調べてみたら、なんとほんとにマインドシーカーの「エスパー清田」本人だった(笑)
ゲーム内の登場人物だったから勝手に架空の人だと思っていたんだけど、まさか実在したとは・・・。
ちなみに彼の経歴を見たら、超能力はトリックと不正だったことが暴かれた上、大麻取締法違反容疑で有罪判決を受けていた(汗)
ゲーム内でも電波だったけど、本物はもっとぶっ飛んでいたのね・・・。  


Posted by seagreen at 11:30