QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
seagreen

2016年12月24日

視力低下・・・

文科省の調査で、小中校生の視力が過去最悪だったことがわかったのだそう。調査は全国の5~17歳の子どもおよそ350万人を対象に実施されたのだけど、それによると裸眼視力が1.0未満の子供が小学校で3146%、中学校で54.63%、高校で65.98%もいたのだそう。
この調査は1979年から行われているのだけど、いずれの数値も過去最悪なんだとか。
文科省いわく、スマホやパソコンの普及が原因ではないか・・・とのこと。
まあ確かに中高生の割合が5割を超えているのはスマホの影響が大きいと思うけれど・・・・。
ただ、小学生で視力1.0未満の子が3割以上いるっていうのが一番びっくりしたなあ。
今は小学生がスマホをいじっているのもめずらしくないだろうけど、正直、中高生に比べればその割合は低いと思うんだよね。
なので小学生に限っては、スマホというよりもテレビやゲームが大きな原因なんじゃないのかなあ・・・。
うちにも小学生と中学生がいて、今のところ視力1.0未満という事態には陥っていないのだけど、下の子の視力検査の結果がちょっと怪しい・・・。
ちなみにうちでは子供たちにスマホも携帯も与えていないのだけど、そのかわり家でのみ使えるタブレットを所有しているんだよね。そしてゲームも(汗)
ただ、ゲーム好きの長男は視力が低下していないので・・・。
下の娘はタブレットで動画を見たりするのが好きなので、そっちの方がむしろ問題なのかも(汗)  


Posted by seagreen at 09:58

2016年12月16日

100均でもいいと思うけど

今月の頭に、某大型掲示板にて100円ショップのご祝儀袋に関するスレッドが立ったらしい。
スレッドを立てた人は、上司の結婚式に出席するにあたり、100円ショップで購入した祝儀袋にご祝儀を入れ、油性ペンで記名したものを持参。
すると、上司の友人から100円ショップのご祝儀袋は避けるように注意された上、油性ペンで書いたことにもイヤミを言われたのだそう。
それを見た時、まず感じたのが「100円ショップの祝儀袋じゃいけないの?」という疑問。
というのも、私自身、これまで100円ショップで買ったご祝儀袋を使ったことがあるんだよね・・・。
あれはだめだったのか?と内心ぎくりとしたのだけど、でもよくよく考えると、上司の友人がご祝儀袋を一瞥しただけで「100円ショップのもの」と見破ったところにポイントがあるのかと。
100円ショップのご祝儀袋といってもその種類はいろいろあって、数枚がセットになっているものから、1枚しか入っていないものまでラインナップされている。
両方とも100円なのだけど、前者の場合は水引が封筒にプリントアウトされている簡易的なものであるのに対し、後者はきちんとした水引がついたものなんだよね。
後者の場合、文房具屋さんで売っているちょっと高めのものに比べればまあ多少見劣りはするかもしれないけど、一目で見破れるかどうかは怪しいレベル。
一方、前者の場合は一目瞭然なので、もしかしたらこっちを使ったのかなあ・・・。だとしたらさすがにアウトという気がするけど(汗)
油性ペンについても、せめて細身のサインペンとか、筆ペンを使えば文句も出なかったかな?
いずれにしてもこの注意をアドバイスと取るか、単なるイヤミと取るかは人によって違うんだろうなあ。  


Posted by seagreen at 12:24

2016年12月09日

ああ、そっちなのね・・・

「女同士の噂話の内容で用心すべき相手がわかる」という心理テストがあったのでやってみた。
質問は、ある女性が別の女性に、「彼があなたのことを好きらしいわよ」とこっそり教えているのを耳にします。さて彼女はどんな風に言っている?というもの。
1は「絶対、あなたのことが好きなんだよ」2は「どうせ、あなたが一番に決まっている」3「ここだけの話、あなたに気があるらしいよ」4「っていうか、あなたにぞっこんみたい」・・・のうちのどれかを選ぶんだけど、最初の質問を見た瞬間から、思い描いていたのは3のセリフだけなんだよね(^_^;)
まあ一番ありえそうなシチュエーションだし、ドラマとか漫画とかでも実際によくあるシーンだよね(笑)
ちなみにこの質問で注目すべきポイントは、「あなた」という言葉の後ではなく、その前についている「絶対」とか「どうせ」とか「ここだけの話」などのキーワード。
私の場合は「ここだけの話」なのだけど、こういう言葉を口にする人は誰に対しても「ここだけの話」をしている可能性が高いから、八方美人の人に気をつけた方がいい・・・らしい(^_^;)
ああなるほど、と思いつつ・・・私の場合、「あなた」の後の言葉で決めたようなものだから、ちょっとピンと来ないかも・・・(^_^;)
「あなたのことが好きだ」とか「あなたが一番に決まっている」とか、他人のことなのに言い切ってしまうような言い方ってちょっと苦手なんだよね(汗)
4番目については「っていうか」という言い回しが嫌いだから選ばなかったんだけどね。
  


Posted by seagreen at 12:27

2016年12月03日

当時はそんな余裕すらなかった

うちには現在小中学生の子供がいて、育児の真っ最中なのだけど、「ワンオペ育児」という言葉があるのをつい最近知った。
ワンオペというのはワンオペレーションの略称。少し前、某牛丼チェーン店の夜勤がワンオペだったことが明らかになり、店員への負担が大きいということで批判を買ったけれど、ワンオペ育児は主婦が一人で育児や家事全般を担う状況のこと。
本来、育児というのは夫婦で担っていくものだけれど、夫の仕事が激務だったりすると、必然的に育児の負担は母親の方にのしかかってくる。
主婦ともなると、育児だけにかかりきりになっているわけにもいかず、他に家事もこなさなきゃいけない。
外で働いたことしかない人はたぶん想像できないと思うけれど、家事と育児というのは想像以上に負担が大きくて、お母さんは休む暇がない。
何よりきついのは、24時間365日体制で、自分ではない他の誰かに振り回され続けるということ。
自分ひとりの場合、仕事をするにしろ家事をするにしろ、ある程度自分のペースで、自分の計画に沿って進めていくことができる。
でも育児の場合、子供は親の都合なんて考えてくれない。泣きたい時に泣くし、寝たい時に寝る、起きたい時に起きる、おむつも替えてもらいたいときに替えてもらう・・・とにかく待ったなし。
これが大人相手なら「ちょっと待ってね」で済むところだけど、赤ちゃんにそんなの通用しないわけで、いちいち自分のやっていたことの手を止めて対応しなきゃいけない。
そうなると自分のリズムが崩れっぱなし。自分の思い通りに事が運ばないというのは、思った以上に人にストレスを与えるものなんだよね・・・。
でも誰にも代わってもらうことができないつらさ。私自身もそうだったから、とてもよくわかる。
今思うと、もっと手を抜くところは抜いてよかった。自分に対して完璧な主婦、母親を求めなくてよかったとわかるんだけど、当時はそんな余裕すらなかったんだよなあ・・・。  


Posted by seagreen at 12:13