QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
seagreen

2017年01月26日

きっかけは子供

ネットで、最近ハンカチを持たない女性が急増しているという記事を見た。
大阪で20代女性に尋ねたところ、ほとんどの人が「普段は持たない」と回答したんだとか。
ハンカチを使うシーンと言えば、トイレを使った後など手洗い時だけど、今はハンドドライヤーが設置されているトイレが多いから、手洗いのときにハンカチを使う必要がないらしい。
じゃあハンドドライヤーがない時はどうするのかと言うと、なんと髪の毛で手を拭くことがあると回答した人もいたそうでΣ(゚Д゚)
乱れた髪の毛を調えるために、水で濡らしてセットするというのはありがちだけど、手ふきとして使う人がいるとは思わなかった・・・。
ただ、20代の頃をふり返ってみると、そういえば私も似たようなものだったかも・・・と(^_^;)
今ではバッグの中に必ずタオルハンカチを入れているけど、そうなったのはたぶん子供を産んでから。
大人はそれこそハンドドライヤーで乾かすこともできるけど、小さな子はそもそもハンドドライヤーまで手が届かない。
となると、手を洗った後はハンカチを使うしかないわけで・・・。それでバッグにハンカチを入れておくのが習慣になったんだよね。
今は子供たちも成長して、自分でハンドドライヤーを使えるようにはなったんだけど、一度身についた習慣というのは意識しないと解消されないものなので、今でもハンカチは持ち歩いている。
まあ若い頃なら髪で手を拭くとか、手を軽く振って水気を切るだけ・・・とかでも許されると思うけど、さすがに30代半ばともなると、そういうのはできないからねえ(^_^;)  


Posted by seagreen at 11:53

2017年01月20日

半数以上もいるなんて・・・

警察庁の調べにより、75歳以上の高齢ドライバーの認知機能検査の年齢別結果が明らかになったのだそう。
対象は2015年に認知機能検査を受けた163万人。
やはりというか何と言うか、年齢が増えるとともに認知症や認知機能低下のおそれありと判定された人は増加傾向にあったのだそう。
特に84歳をボーダーラインに、以降は50%超えを記録。つまり検査を受けた人の2人に1人以上は認知症か、あるいは認知機能に問題ありと判定されたということなんだよね・・・・。
あらためて、85歳以上の高齢ドライバーがハンドルを握るリスクの高さが浮き彫りにされたという感じ。
でも、現在は75歳以上の高齢ドライバーの免許更新は3年ごと。
そのたびに認知機能検査が義務づけられているけれど、3年間っていうのは思った以上に長くて、その間に認知症を発症したり、症状が進行している可能性だって高いよね。
正直、75歳以上になったらこういう検査を毎年行ってもいいと思うのだけど・・・。
特に85歳以上は2人に1人以上の割合なんて、聞いただけで怖くなってしまう。
車を運転するにあたり、認知能力というのは非常に重要で、必須能力。
それが欠けているドライバーが公道を運転したらどうなるかなんて火を見るより明らかなんだから。
車の運転というのは経験でうまくなっていくものだけど、ある程度の年齢を超えて能力が低下したら、経験だけでは補えないものがある。事故を起こしてからじゃ遅いんだから、もっとちゃんと対策すべきじゃないのかな・・・。  


Posted by seagreen at 10:15

2017年01月13日

いつもの朝スープに・・・

うちでは寒い時期になると、子供たちの朝食にコーンスープを出すようにしている。
もともとは朝ご飯をほとんど食べない娘のための策で、とりあえず温かいスープを飲めば、何も食べないよりはマシだろうと思ったわけ。
娘はコーンスープが好きなので、これなら朝でも飲んでくれるかなあと思ったら、これが当たりで、食欲がなくてもスープは飲んでくれるようになった。
さらには、スープを飲んで胃が刺激されたせいか、徐々に他のおかずも食べられるようになり・・・今ではパンやヨーグルト、フルーツも一緒に食べられるようになって、ほっと一安心。
一方、息子はもともと朝食は起きてすぐにガッツリ食べられる派なので問題はないのだけど、やっぱり寒い朝はコーンスープが美味しいということで、娘がちゃんと朝食を食べられるようになった今も、寒い時期のスープ生活は続いている。
ちなみにいつも買っているのは手軽な粉末のスープなんだけれど、もとから液体として販売されているものに比べるとちょっとサラサラしているところが難点。
それが好きという人もいるだろうけど、個人的にはコーンスープと言えばもっと濃厚で、クリーミーなイメージなんだよね。
そんなとき、ネットで粉末のコーンスープをとろりと濃厚にできる裏技というのが紹介されているのを発見。
なんとスープを牛乳で溶かし、かつ片栗粉を加えると、とろとろ&濃厚なスープができあがるんだって。
パッケージにはお湯で溶いて・・・とあるので、これまで何の疑いもなくお湯を注いできたけれど、牛乳で溶かしてみるのって考えてみればアリだよね~。
でも片栗粉を入れるっていうのは想像つかなかったなあ。今度試しにやってみよう。  


Posted by seagreen at 12:49

2017年01月06日

確かにあんまり使わないもんなあ・・・

近年、紙の通帳を発行しない銀行が増えてきているのだそう。
たとえば三菱東京UFJ銀行は2017年度後半にも、ネット上で取引明細を確認することができるEco通帳なるものの機能を拡充する予定なんだとか。
昔は通帳は紙で統一されていたけれど、今はインターネットバンキングが普及してきたおかげで、紙の通帳を利用する人って減っているもんね。
かくいう私も以前は紙の通帳を利用していたのだけど、数年前からメインバンクをインターネット専業銀行に鞍替えしてからは、紙の通帳ってほとんど使わなくなってしまった。
もちろん、別途利用している地方銀行とかゆうちょ銀行についてはまだ紙の通帳オンリーなので、利用するときは利用してるけれど、こちらもネットバンクは完備しているから、残高の確認や振込・振替なんかも全部ネットで行ってしまう。
なので紙の通帳に記帳するのなんて、1年に1回あるかないか・・・という状態(´Д`;)
ただ、現時点ではネットで確認できる履歴って1年とか2年程度と短いから、そういうときは通帳に記帳して記録として残しておくんだけどね。
ちなみにネット銀行についてはハナから紙の通帳なんて発行されないので、履歴はすべてデータとしてダウンロードして管理するようになる。
でもそれでも不便しないし、何より通帳に比べて管理が楽なんだよね~。
銀行側からすれば、通帳を発行するコストも減るわけだし、今後は通帳レスが広く普及していくんだろうな。
でもそれはネットを使える人に限るわけで、高齢者にはやっぱり紙の通帳がまだまだ必要かも。  


Posted by seagreen at 10:47