QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
seagreen

2017年07月27日

今やれって言われてもたぶん無理(´Д`;)

ツイッターで、コンビニバイトが底辺に見られることについて問題提起する書き込みがあり、話題を呼んでいるのだそう。
コンビニではほとんどがアルバイト店員で、社員と呼ばれる人がレジに立つことはたぶんあまりない。
おまけにコンビニバイトの時給ってお世辞にも高いとは言えず(深夜は若干上がるけど)、だからこそ下に見られてしまう傾向があるんだろうな。
でも個人的には、数あるバイトの中でも、コンビニバイトほど大変なものもないと思う。
実は高校生の頃、一時的にコンビニバイトをやったことがある。
そのときは今ほどサービスが充実していない時代なので、短期間勤めただけでも一通りの仕事をこなすことができた。
でもあれから十数年。コンビニのサービスはおそらく倍以上に増え、いろんな雑務をこなさなくてはいけない。
チケットの発券やらネット通販の荷物の受け渡し、電子マネーのチャージなどなど・・・当時はなかったサービスが目白押しで、その労力は計り知れない。
それらをすべて覚えて、客からの要望に応えなきゃいけないんだから、まさにてんてこ舞い。正直、今コンビニで働けと言われても無理だと思う・・・。
それにレジだけじゃなく、品出しとかもしなきゃいけないもんね。それこそ息つく間もないくらい忙しいんじゃないだろうか。
そう考えると、その他のバイトと同じか、やや少ないくらいのバイト料金って割に合わないよなあ。
特に高校生バイトなんてもっと安いものね(ーー;)  


Posted by seagreen at 09:11

2017年07月20日

サポートのはずが・・・

先週の金曜日、兵庫県加東市の市立中学校にて、理科の授業中に爆音が発生するというアクシデントがあったのだそう。
当時は空き缶に水素と酸素を注入して、そこに火を近づけるとどうなるか・・・という実験中。
本来はポンっという感じの軽い音がするだけなんだけど、火を近づけたとたん、爆音が発生。
その影響で耳がおかしいと訴えた生徒が18人にも及んだため、養護教諭が聴力検査を実施。
その結果、7人が聞き取りにくい状態だとわかったため、念のため全員を病院に連れて行ったのだそう。
幸い、全員耳に異常はなかったということで、聞こえにくさも一時的なものだったみたい。
ただ、それは結果論であって、耳を傷つけてしまうおそれもあったはず。
そこで校長と教頭が該当の18人の家庭を訪れて直接謝罪したのだとか。
まあ誰にでもミスはあることなのだけど・・・ただ今回の場合、ミスをしたのが理科教諭をサポートしていた教頭だったそうで(汗)
理科の先生が若手だったということでサポートに回ったみたいなのだけど、そのサポート役がミスをするというね・・・。
教頭曰く、水素の量が多くなってしまったとのこと(汗)
実験の時はきちんと分量をはかり、正しい手順で行う・・・と理科の授業の時にさんざん注意された覚えがあるんだけど、基本中の基本を怠ったのかな・・・。
まあ逆に考えれば、先生でも油断すればこうなる・・・という見本(汗)だから君たちも注意するようにって・・・・言わないか(^_^;)  


Posted by seagreen at 11:02

2017年07月13日

それだけ思い入れがあったんだよ

とある掲示板サイトにて、夫に離婚すると告げられているがどうすればいいか・・・という妻からの質問が投稿されたのだそう。
離婚相談が寄せられること自体はさほどめずらしくないのだけど、今回の場合、そこに至るまでの経緯に問題があったようで・・・。
その家庭には「黒くて大きいファミコン」がリビングに置かれているのだけど、とにかくごついし、デザインも気に入らないということで、妻は夫に対し、再三にわたって処分してほしいとお願いしていたのだそう。
ところが夫は意に介さず、ゲームもやめない。
妻は夫がゲーム好きだというのを恥ずかしく思っているそうで、ママ友が遊びに来た際、ファミコンを隠したのだそう。
そうしたら帰宅した夫が、大声を上げながらファミコンを探し回るという事態に・・・。
その時は単純に隠しただけなのだけど、その様子を見て「恥ずかしいことをしている自覚がない夫」を腹立たしく思い、ファミコンの処分を決意。
ところが本体とカセットをリサイクル業者に持ち込んだところ、扱うことができないと拒否されてしまったらしい。
それに対し、「買い取りすらしてもらえないものを大事にしていた夫に改めて腹が立った」そうで、最終手段としてファミコンとカセットを粗大ゴミとして処分したのだそう。
リビングからはファミコンがなくなり、かわりにおしゃれなアイテムが設置されたそうなのだけど、当然夫は激怒。離婚問題に発展している・・・ということらしい。
で、妻はどうすれば夫に反省してもらえるかというのを質問しているのだけど・・・。
正直な話、勝手にパートナーの私物を処分しておきながら、まだ「夫に反省して」もらいたいと思っている時点でもうだめじゃないかと思う(汗)
うちの場合、私の方がゲーマーで、リビングのテレビ台の収納はゲームハードでいっぱい(^_^;)
かろうじてレコーダーのスペースは確保しているとはいえ、夫にしてみればゲームハードが収納の大半を占めているというのは邪魔だろうなあと思う。
でも夫はそれに対して文句を言ったことはないし、まして私のゲーム機を勝手に処分したりしたこともない。
逆に、私も夫の私物はどんなにいらなさそうに見えるものでも処分したりはしない(穴が開いた靴下とかは別だけどw)。
だって何を大事にしているかは人それぞれ。自分にとっては不要なものでも、相手にとってはかけがえのない物かもしれないもん。
そしてゲーム好きの人間から言わせてもらえば、ファミコン本体(もしかしたらNEOGEOかも?という話も・・・)とソフトを捨ててしまうなんて言語道断。私もこれやられたら、少なくとも一切口をきかなくなるし、捨てたものを全部調達し直してこい!って言うかも・・・。
だって今時ファミコンと大量のカセットを所持しているなんて、それだけゲームに思い入れがある証拠だもん。
特にファミコンは最新のゲーム機&ソフトよりも圧倒的に手に入れにくい。取り返しの付かないことをしちゃったなあ・・・。  


Posted by seagreen at 10:07

2017年07月07日

やむを得ないのかもしれないけど

歩きスマホは日本だけじゃなく、世界各国で問題視されている。
日本では看板を掲げたり、ポスターを貼ったりして注意を促すだけに留まっているけれど、さすが海外諸国は一歩先を行っていて、もっと大胆な対策を実施しているらしい。
たとえば欧州のいくつかの国では、道路に信号を埋め込んでいるのだそう(汗)
歩きスマホをしている人は、うつむいて画面を見ているので、本来信号がある位置に目を向けることがほとんどない。
そこで道路に埋め込むことで、うつむいていても目の前の信号が赤なのか青なのかわかるようにした・・・ということらしい(汗)
一方中国では、なんと歩きスマホ専用レーンがあるとのこと。
どんなものなのか興味があったのでネットで調べてみたら、歩道の真ん中に線が引かれていて、片方にはスマホ禁止のイラストと文字。そしてもう片方にはスマホのイラストと文字。
ちなみにこの道路の始点には看板が掲げられてあって、ちゃんと説明がしてある・・・らしい(中国語だから読めないけど(汗))
歩きスマホに関しては事故が多発していて、信号無視して車にはねられたとか、川に落ちたとか、中には命に関わる事故に発展したケースもあるとのこと。
なので、こういった対策をしないと事故を防ぐことができない・・・というのはわかる気がする。
でも、逆に言うと道路に信号を埋め込んだり、歩きスマホ専用レーンを作ってしまうことで、歩きスマホを容認していることになるんだよね・・・。
結局注意喚起するだけじゃ誰もやめない・・・っていうのは、日本を見ていればよくわかる。
それならいっそ、専用レーンを作ったり、道路に信号を埋め込んだ方が、確実に事故を防げるんじゃないか・・・という考え方なんだろうなあ。
確かに合理的なんだけどね・・・でもそれでいいんだろうか(ーー;)  


Posted by seagreen at 06:33