QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
seagreen

2015年10月21日

安全と思われがちだけど

「酸化マグネシウム製剤」を飲んで死亡するというケースが2012年4月以降、4件がったことが報告されたらしい。
酸化マグネシウム製剤なんて言われるとあまりなじみがないけれど、ミネラルの一種であるマグネシウムの酸化物で、いわゆる下剤の一種。
昭和25年から便秘薬として用いられている実績のある医薬品で、病院で処方される便秘薬はもちろん、市販の便秘薬にも配合されていることから、年間使用者数は約4500万人にも及ぶらしい。
酸化マグネシウムには水分を保持するはたらきがあるそうで、腸内の水分をキープすることで、腸内の便が軟らかくなり、スムーズな排便が促されるのだそう。
ただ、酸化マグネシウムを大量に摂取すると高マグネシウム血症という副作用が起こりやすく、呼吸障害や意識障害、不整脈、心停止などを引き起こすおそれがあるんだとか。
実際、今回報告された4件も高マグネシウム血症による血圧低下などが原因なんだそう。
大量摂取もそうだけど、長く使うと血中のマグネシウム濃度が高くなるそうで、何だか「ある日突然・・・」なんてことになりそうで恐いよね(汗)
私はランニングを始めてから便秘とは無縁になったし、そもそも便秘薬を使うことに抵抗があったのでこれまで使用したことは1回くらいしかないんだけど、やっぱりこういうのって常用しちゃいけないんだなあ。
まあもともと便秘薬は常用していると効かなくなるっていうし・・・。
もしかしたらそのせいで摂取量もどんどん多くなって、高マグネシウム血症のリスクも高くなっちゃうのかもね(汗)


Posted by seagreen at 10:10