QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
seagreen

2017年05月29日

2Bの指定

ネットで、今はHBよりも2Bの鉛筆が主流だという記事を見かけた。
うちには小中学生の子供がいるので、学校では2Bの鉛筆が主流だというのは知っていた。
というか、現在中学生の息子が小学校入学の時点から、「鉛筆は2B以上で」という指定があって、HBやBは使用不可だったんだよね。
私が小学生だった頃は、特に鉛筆の種類の指定はなく、大半はHB、次点がB。
現在主流の2Bを使っている子はいなかったと思う。
子供の頃は鉛筆の濃さでHBやBと言う風にわけられているんだろうなと思っていたけど、実は鉛筆の硬さを表したものなのだということを知ったのはずいぶん後になってから(^_^;)
まあBや2Bの方が芯が柔らかいぶん、HBよりも濃く書けるからそう勘違いしている人は私のまわりでも結構いたなあ。
逆に言うとHBだとかなり強めに書いても文字が薄くなってしまうので、筆圧がまだ弱い子供が使うと後でノートを見返した時に見にくいんだよね。
だから2Bが主流になってきたというのはある意味当たり前のことなのかなと思う。
実際、現在のHBの鉛筆の出荷量は全体の2割にまで減少。2Bは4割にまで高まって逆転しているのだそう。
中学生の長男はもうシャープペンシルを使っているのだけど、小学生の娘は現役で鉛筆を使用中。
高学年になったけれど、それでも2Bという指定は解除されないので、なくなったら2Bの鉛筆をダース買いしている。
ちなみにキャラクターとか絵柄付きの鉛筆はNG。私が子供の頃はそこまで厳しくなくて、バトルえんぴつなんてのもあったなあ(笑)


Posted by seagreen at 06:40