QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
seagreen

2017年09月27日

魚は食べたいけど

国立がん研究センターなどのチームが魚介類をよく食べる人はそうでない人に比べてうつ病になるリスクが減るという調査結果をまとめたのだそう。
チームは日本一の長寿県として知られる長野県在住の40~59歳の男女1181人を対象に、25年にわたる追跡調査を実施。
食生活のアンケートをとって魚介類の摂取量を算出し、その上で2014年~2015年にかけてうつ病かどうかを診断したのだそう。
その結果、うつ病になる確率は、魚介類の摂取量が最も少ないグループに比べ、ひんぱんに食べるグループは56%も減っていたことがわかったのだそう。
魚介類にはDHAとか体にいいものがいろいろ入っていると言われているけど、これまでは血液がさらさらになるとか、生活習慣病を予防するとか、そういう効果が主流だったんだよね。
でも今回の研究によると、体だけでなく、心の健康にも有益ということみたい。
日本では食の欧米化が進んでいて、魚の消費量は減少傾向にあるってことだけど・・・そのこととうつ病患者の増加と少なからず関係があるのかなあ?
ちなみに我が家では基本的に肉、魚、肉、魚・・・と一日ごとに置き換えるようにしているんだけど、このペースだと多いのかな?少ないのかな?
ただ、魚って肉よりも割高なんだよねえ・・・(汗)なので今よりもっと摂取しろと言われても、家計的に厳しい(>_<)
今年は秋のサンマも不漁だっていうし・・・。さらに厳しくなるなあorz


Posted by seagreen at 08:55